審美歯科

保険適用と保険適用外の違い

健康保険制度は、国民全員が等しく治療を受けることができる制度です。その反面、保険適用の歯科治療においては「噛める」という最低限の機能を取り戻すことに主眼が置かれているため、使われる材料や治療方法は20年から40年ぐらい前のものに限定されています。

このため、「自分の歯と区別がつかないような治療をしたい!」「芸能人のような透きとおる歯にしたい!」という「美しさ」を追求するご要望には保険が適用されない全額自己負担での治療を受けていただくことになります。

では、「全額自己負担の審美歯科治療」と「保険適用範囲内の治療」ではどのような違いがあるのでしょうか。や会話の時間を取り戻してみませんか?

見た目の美しさ

患者さんにとって一番わかりやすいのは、経年劣化(けいねんれっか)とよばれる治療後の見た目の変化だといえます。その違いは写真で確認いただくと一目瞭然です。

レジン(保険)とセラミック(保険外)の経年変化の比較

保険治療ではレジン(プラスチック)が用いられます。レジンは性質上、食事をするたびに水分を吸収してしまうため、見た目が劣化していくことになります。

それに対して保険適用外の審美歯科治療では、セミラック(陶器)やジルコニアセラミックといった材料が使用され、時間の経過とともに変色することはありません。 また、歯科医師として是非主張したい事実があります。 審美歯科治療は見た目の美しさだけではなく、

  1. 身体への優しさ
  2. 虫歯再発リスクの低下にもつながるという事実です。

審美歯科治療が身体への優しさにつながる!?

【ブラックライン】※表面は白色のかぶせ物ですが、内側に金属を使用している素材なので、 歯ぐきにブラックラインが生じてしまっています。

保険適用範囲内で認められている、いわゆる「銀歯」は、見た目に違和感があるだけではなく、金属イオンが体内に流出することで身体に悪影響を及ぼすことが知られています。

金属イオンが身体に及ぼす影響は人によって様々ですが、場合によっては金属アレルギーによる発疹(ほっしん)が起きることがあります。

また、金属イオンが歯ぐきに沈着することによって「歯」と「歯ぐき」の境目に黒い線ができてしまうブラックラインも金属イオンの弊害の一つであり、近年では身体への優しさにこだわったメタルフリー治療(金属を一切使わない治療)を全額自己負担であっても希望される方が非常に増えています。

審美歯科治療が虫歯の再発リスクを低下させる!?

虫歯治療をした歯は人工のかぶせ物をしているため、歯とかぶせ物の境目からむし歯が再発するリスクが非常に高い事実があります。

こうしたことを避けるために我々歯科医師としては、人工のかぶせ物のすき間をぴったりと埋めようとしますが、保険の材料ではこうしたことに限界があり、せっかく治療した歯も数年すると再治療になってしまうケースが圧倒的に多いといえます。

しかし、セラミック(陶器)などの保険適用外の材料を用いることにより、かぶせ物と歯の間をぴったり埋めることが可能となります。また、セラミック(陶器)は汚れが付きにくい特性を持っていますので、虫歯菌も付着しにくく、この意味でも虫歯になりにくいということが言えます。

結果、保険の材料と比べ虫歯再発リスクを最小限に抑えることが可能となるのです。

当医院の審美歯科治療

「金属」ではなく、「白い」つめもの・かぶせ物を用いて、天然の歯のように仕上げていくのが審美歯科治療です。 レジン(プラスチック)を使用する場合は保険適用、 セラミック(陶器)を使用する場合は保険外治療になります。

保険適用の白い詰め物であるレジンは、銀歯などと比べ審美性は優れていますが、先ほども述べましたように、経年劣化(時間の経過とともに変色してしまうこと)が生じてしまうのが残念なところです。

審美歯科とは歯の美しさを追及していく治療ですので、以下では経年劣化の生じないセラミック(陶器)を用いた保険外の治療法を紹介させていただきます。

セラミック治療

セラミック治療の特徴

患者さんのご希望の色を選択でき、時間の経過による変色の心配がないことが特徴です。 また、金属アレルギーの心配もなく、虫歯の再発リスクを軽減する効果もあります。

セラミック治療が行なわれるケース

患者さんのご希望の色を選択でき、時間の経過による変色の心配がないことが特徴です。 また、金属アレルギーの心配もなく、虫歯の再発リスクを軽減する効果もあります。

セラミック治療法の種類

「セラミックインレー」:詰め物としてセラミックを用います。

「セラミッククラウン」:かぶせ物としてセラミックを用います。

セラミック治療の留意点

この治療はごく少量でありますが、歯を削る必要があります。健康な歯を削る場合もありますので、まずは担当医と十分な相談をしてからの治療をお願いしています。