ホワイトニング

ホワイトニングで口元美人を目指しませんか?

一昔前までは、歯科医院というと、「怖いところ」「痛いとこと」というように、どちらかというとネガティブなイメージが強かったと思います。

しかし、近年では時代の移り変わりとともに、歯科医院にもエステ的な要素が求められるようになり、ホワイトニングを受けられる方も非常に多くなっています。

ホワイトニングとは?

歯を白くする方法には以下の3つの方法があります。

  • 白い詰め物・かぶせ物を用いる「審美歯科治療」
  • 歯科医院で特殊機材を用いて行なう「オフィスホワイトニング」
  • 自宅でマウスピースをはめて行なう「ホームホワイトニング」

それぞれの方法にはメリット・デメリット、費用、治療期間などの 違いがあり、あなたに合った治療法の選択が大切になります。 以下、説明いたします。

「審美歯科治療」と「各種ホワイトニング」の違い

簡単に言ってしまいますと2つの点で違いがあります。

1つ目として「審美歯科治療」はごく少量でありますが、歯を削る必要があります。 一方、「各種ホワイトニング」は薬剤を用いて歯に化学変化を起こし白くしますので、歯を削る必要はありません。

2つ目として「審美歯科治療」はあなたの好みの色を再現することが可能で、時間が経過しても治療時の色を保ち続けることができます。 「各種ホワイトニング」では歯の質や使用回数などにより白さの度合いは個人個人異なってきます。また時間の経過とともに白さが失われていきます。

このように治療法で一長一短がありますので、どの治療法の方がいいかは一概には言えません。担当医と相談してからの選択をお勧めいたします。 審美歯科治療に関しましては、別のページで紹介していますので、詳細は審美歯科をご参照下さい。以下、当院で扱っていますホワイトニングのご紹介をさせていただきます。

当院推奨のホームホワイトニング

当医院ではDISCUS社(米国)の「NITEホワイト・エクセル(厚生労働省認可)」というホームホワイトニング治療を紹介しています。

NITEホワイト・エクセルはアメリカで最もポピュラーなホワイトニング材で、着色歯面の改善を短期間で安全にかつ効果的に行うことができます。

このシステムは日本で初めて厚生労働省の認可を受けたシステムで、「白くきれいな歯」への意識の高い審美歯科の先進国アメリカで、歯科医師からだけでなく患者からも圧倒的な支持を得ている最もシェア率の高い製品です。

治療の流れ

  1. 当医院にて歯石の除去等を行ない、お口の中をキレイに清掃しま
  2. 歯の型をとり、患者さんの歯並びに合ったマウスピースを作ります
  3. そのマウスピースを一度合わせてみて、薬剤の使い方や1日の使用時間などの説明を受けて帰宅します。
  4. 変色の程度にもよりますが、1日2時間以内で、最長2週間続けます
  5. 一週間に一度は通院していただき、歯の状況やマウスピースが変型していないかを診断します。

ビフォア・アフター

ホームホワイトニングのメリット

  • 通院回数が少なくて済む
  • 全ての歯のホワイトニングが容易
  • 白さが長期間維持できる

ホームホワイトニングのデメリット

  • 色調の調整が難しい
  • 知覚過敏が発生しやすい
  • 患者さんの手間を必要とする

当院のオフィスホワイトニング

当医院ではホワイトニングの先進国アメリカで多くの実績をあげている、ビヨンドシステムの最新オフィスホワイトニング「Polus」を導入しています。

通常、ホワイトニングの効果(白さの度合い)に比例して、施術中及び術後歯に痛みを感じるということが多いのですが、ビヨンドシステムは特殊フィルターでライトの発熱を軽減しているため効果が高く、かつ、刺激が少ないのが特徴です。

ここで少しオフィスホワイトニングについて、説明します。 ホワイトニングは、過酸化水素という薬液を歯に塗り、化学反応を起こすことで歯を白くします。この薬液は「光」をあてることにより活性化し、ホワイトングの効果を高めます。

ご自宅で行う場合(ホームホワイトニング)、この薬液を活性化させる「光」の設備がないので、どうしても時間をかけてホワイトニングを行わなければなりませんが、歯科医院で行う場合(オフィスホワイトニング)、「光」の設備がありますので、短時間でホワイトニングをすることが可能となります。

ただし、この「光」は何でもよいわけではありません。 光には強い発熱があり、この熱が歯を痛めますので、「安全」な光を選ぶ必要があります。光には様々な種類がありますが、光によっての効果やリスクも異なります。

光の種類 光の特徴
ハロゲン 効果が高い。発熱もある。
紫外線 効果は高いが、非常に高熱で、皮膚にあたると火傷やメラニンのリスクがある。
LED 発熱は弱いため効果はうすい。
プラズマ 強い発熱あり。機材が高価なので治療費が高いことが多い。

当院で採用しているビヨンドシステムは「ハロゲン」光を使用しています。特許済みの特殊フィルターにより、ハロゲン光の効果を維持させながら、発熱を抑制しているので安全です。

オフィスホワイトニングのメリット

  • ホームホワイトニングと異なり短期間で効果が出る
  • 正確に色をコントロールできる
  • 患者さんの労力が不要

ホームホワイトニングのデメリット

  • 後戻りが比較的早い
  • 奥歯のホワイトニングが困難

「歯ぐき」の色に満足していますか?

歯ぐきの色?どういうこと? このように思った方は多いのではないでしょうか。 歯ぐきの色は、美しい口元を考えた際に、実はとても重要なパーツの1つとなります。以下、歯ぐきの色を綺麗なピンク色にする治療法の説明をいたします。

ガムピーリング

ガムピーリングとは、歯ぐきの黒ずみを綺麗なピンク色にする方法です。 歯ぐきは、タバコや紫外線の影響により黒ずんでしまいます。1度黒ずんでしまうと自然に元に戻ることはありません。

ガムピーリングには、薬剤で治療をする「ケミカルガムピーリング」とレーザーで治療をする「レーザーガムピーリング」との2種類があります。ケミカルガムピーリングは、歯茎に薬剤を塗ります。痛みは多少ヒリヒリするくらいです。

治療直後は、薬によって歯茎が白くなり、2~3日後に歯ぐきの膜がはがれ、1~2週間ほどで綺麗なピンクの歯ぐきに変わります。個人差はありますが、だいたい1回~数回の施術が必要です。

レーザーガムピーリングは、歯茎の黒ずみを安全・確実に取り除き、綺麗な血色の良いピンク色の歯ぐきに戻してくれます。個人差はありますが、だいたい1回から2回の施術で効果を実感することができます。

レーザー照射後は、多少チクチク感がありますが、すぐに回復します。最近は、タバコを吸う女性が増えていますが、笑ったときに歯茎が黒いという悩みから、ガムピーリングを行う人も増えております。綺麗な「歯」と綺麗な「歯ぐき」は、笑顔をとても魅力的なものにしてくれると思います。

次のような方にお勧めします

  • 歯ぐきの黒ずみが気になる方
  • ホワイトニングを受けられた方

※歯ぐきがピンク色になる事により、よりいっそうホワイトニング後の白い歯がきれいに見えます。