お久しぶりです

院長の畠山です。久々のブログでご無沙汰しておりました。

新型コロナウイルス感染症患者が確認されてからひととせが過ぎ、病態解明や症状に応じた治療法がほぼ確立し新型コロナワクチン接種始まった。
歯科領域でいえば口腔ケアとコロナウイルス感染症の予防の関係である。
新型コロナウイルスが細胞内に入る受容体は、口腔内の味覚を感じる味蕾に多く存在しその感染力の強さから口腔ケアによって感染を防ぐことはできないとされている。
そして、細菌との混合感染や二次性細菌性肺炎によりサイトカインストームを引き起こし重症化する。(難!)
そのサイトカインストームを引きおこす細菌を代表するP.gingivalisは歯周病菌の菌体成分であるLipopolysaccharide(LPS)といわれている。
なのでコロナ禍の健康管理として、歯周病の改善はコロナウイルス感染症重症化リスクを軽減にとって不可欠といえる。
口腔は身体の入り口であり糖尿病を始め歯周病と全身疾患の関りが解明されている。定期的な歯科受診と毎日の歯磨きなどのセルフケアはコロナ禍において重要性を増しているのである。
ここ最近は歯科医院に行ってないな~、という方には是非受診をお勧めします!