お口の筋肉をきたえましょう

こんにちは ハートウォーム前田です(^-^)
秋になりましたね。
秋は食べ物がおいしいですね

この秋から、後期高齢者歯科検診が始まりました。
歯科検診ですからむし歯や歯周病のチェックもしますが
この検診の特徴は、口腔機能もチェックすることです。
口腔機能といっても、わかりにくいかもしれませんが
飲み込む力や舌の動きなどを調べます。
⒑秒間で何回 「パ」「タ」「カ」が言えるか調べます。

試しに、パパパパ、タタタタ、カカカカ、ララララと発音してみませんか?
 「パ」の発音は、一度閉じた唇をあけ、息を軽く破裂させるように吐き出して発音
 「タ」は、舌を前歯の上部にしっかりつけて、放すと同時に息を吐き出して発音
 「カ」は、のどの奥の方にチカラが入り、のどが閉まることで発音
 「ラ」は、舌先を前歯の上部にあてて発音
 というように、一音ずつ唇や舌の動き、使う筋肉が違います。
舌、唇やその周りの筋肉を鍛えることが、お口のリハビリになり、口腔機能の低下の予防と向上につながります。
 かっぱかっぱらった
 かっぱらっぱかっぱらった
 とってちってた
 かっぱなっぱかった
 かっぱなっぱいっぱかった
 かってきってくった

楽しくトレーニングするのに谷川俊太郎 いかがでしょうか?

食事のとき、食べこぼすことが多くなった人、
お茶を飲むとき、むせることが多くなった人、
入れ歯が合わず食べ物がかめない人などは、
一度、歯科健診を受診してみましょう