よく聞く歯ぎしり

こんにちは!!美由紀です !

暑くなったと思っていたら、もう8月も中旬ですね。

暑くて寝苦しい夜が続いていますが、皆さん睡眠はしっかり取れていますか?

しっかり眠れているという方も、なかなか眠れないという方も寝ている間の事はわからないと思います。眠れないのも大変ですが、寝ている間に歯ぎしりをしたり、食いしばっていたり・・・これは歯にとってとても大きなダメージを受けます。

あまりなじみがないかもしれませんが、じつはこんな悪さをしています。

・歯がすり減る、欠ける、ヒビが入る。

・力がかかって歯とハグキの間が欠けてくる。

・アゴの骨が過剰な力を受けて溶ける。

・歯の根の先が圧迫されて溶ける。

・詰め物が取れたり、かぶせ物が割れたりする。

ギリギリと音がするだけが歯ぎしりではありません。グーッと噛んでいたり、音がしなくても歯ぎしりをしているとだんだんと歯とアゴがダメージを受けるのです。

これを防ぐためにはいくつか方法がありますが、まずは日中のストレスを減らす事や、快眠できるように環境を整える。(ぬるめのお湯にゆっくりつかる、お酒はほどほどに、寝床でのスマホは控えるなど)

歯科医院ではマウスピースの使用をおすすめしています。1人ひとりの歯の形に合わせてマウスピースを作ります。これから先ずっと使う歯やアゴを守るためにとてもいい方法です。

もし、もっと詳しくお話を聞きたいと思われた方がいらしたら、スタッフまでお問い合わせください!!

気になっている事があれば何でもご相談くださいね!!