歯を守るマウスピース

こんにちは。ハートウォーム前田です(^-^)
先月のことになりますが、秋田県立美術館で藤城清治展を見てきました。
今年で95歳を迎えるとのことですが
竿燈やゴジラ岩など秋田をテーマにした作品もありました。
子どもたちが小さい頃NHKの「おはなしのくに」という番組で、
藤城さんの影絵を見ていました。
美術館で見るとスケールの大きさ、繊細さ、素晴らしさに圧倒されました。

そして話は変わりますが、ラグビーワールドカップ!日本の活躍がすごいですね!
次の試合も楽しみです。
仕事柄、マウスピースにも目がいってしまいます。(笑)
あんなにタックルやスクラムなど激しいスポーツですから、
歯や唇などケガをしないためにも、マウスピース(マウスガード)を使用することは
大事だと思います。
カラフルなマウスピースをしている選手も多いですね。

スポーツだけでなく、歯ぎしりや食いしばり、咬む力が強いひとは、
歯を守るためにマウスピースを使うと良いです。
歯にかかる力は大体体重くらいの力がかかっています。
ただ個人差があり大臼歯には100㎏を超える力がかかることもあります。
くいしばりや歯ぎしりが激しい人とそうでない人との差は
時間の経過とともに広がっていきます。
そしてその力で歯が割れることが起こる事があります。
割れてしまった歯は抜かなければならないことが多く
歯を失わないためにも有効です。