虫歯予防の新常識

こんにちは~!皆様いかがおすごしでしょうか?元気いっぱいの髙橋です。

先日テレビで『虫歯予防の新常識という内容で、次のことがとりあげられていました。

「食後すぐの歯磨きは、歯のエナメル質が溶けやすい状態になっているので、すぐの歯磨きは、歯の表面を傷つけてしまう。口をすすいで、酸性から中性の状態に近付けるか、食後30分経ってからの歯磨きが良い。』という内容でした。

食後の口の中は酸性に傾き、この時に歯のカルシウム成分がとけだしますが、唾液が多く出されれば口内が中性に戻りやすくなり、歯にも唾液に含まれるカルシウム、リンを吸収します。

これが再石灰化と言い、唾液の力(緩衝能といいます)がとても重要ということになります。

そこで、唾液の分泌を促し、歯の表面の再石灰化をサポートできるPos-CaFというガムがオススメです。

歯みがきにプラスの予防ケアとしておすすめです。

気になる方は私、髙橋までお声をかけてください!