こんにちは ハートウォーム前田です😊

突然ですが、あなたのお口の中に銀歯はありますか?
それは入れてから、どれくらいの年数が経っていますか?
せっかく治療した詰め物や被せ物。
できれば長く使いたいと思いますが、残念ながら寿命があります。
実は銀歯の耐用年数は4~5年と言われています。
もちろん人それぞれ、お口の中の状態は違うので、
これよりも早く取れたり壊れたりしてしまう人もいれば、
何十年と使っている人もいます。

ところが、銀歯の下は74%の割合で虫歯になっています!

銀歯は使っているうちに劣化してきて、歯と銀歯の間に隙間ができ、
そこに汚れが入り込むことにより、むし歯になります。
歯と銀歯をくっつけているセメントの劣化も心配です。

しみたり、痛くなってからでは、神経の治療が必要になり
患者さんのリスクも大きくなるので、
長くお使いの銀歯は症状がないうちに、治療しましょう。

特に歯の神経を治療した経緯のある場合は冷たいもので滲みるなどの症状がなく、むし歯が進んでいることが多いので注意が必要です。

もっと長持ちするものはないの?と思いますよね。
そんな方にはセラミック治療をお勧めします
セラミック治療であれば、正しく定期検診を受けることで
15年経過しても93%の方が再治療の必要がないというデータがあります。
当院では国際資格のあるドクター担当します。
世界基準の、こだわりのセラミック治療を体験してみませんか?