矯正歯科治療の症例 (すきっ歯・受け口)

この患者さんは、前歯2本が離れてしまい隙間が開いてしまう「正中離開(すっき歯)」 という状態と、若干の「受け口(下あごが出てしまっている状態)」の状態で来院されました。

治療は順調に進み、理想的な歯並びへ改善することができました。

kyousei4-1
kyousei4-2